引越し 代金 一人

MENU

一人の引越しなら自分でやっちゃう?

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較って思っているなら、それは一番おすすめしない引越し方法です。

 

ダンボールをスーパーにもらいに行って梱包して、トラックを借りて重たい荷物を運んで、引越し当日は一人じゃ厳しいから友達に頼んで、朝始めた引越し作業も部屋に荷物を運び入れた段階で友達に引越しそばを振る舞って、あとは一人で片付けるというのが友達に引越しを頼んだ場合の流れです。

 

できるだけ安く済まそうしたのに、レンタカー代(1万円以上)+燃料代+友人2人分の飲食代など、ここまでにかかった経費はすでにに3万円程度でしょう。
手間と時間を考えると引越し業者に頼むほうがダンゼン楽でお得です。

 

 

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較
大手引越し業者の単身パック費用の平均は3〜6万円程度。あくまでもこれは相場です。
ただ、自分でやっちゃう引越しはかなり割高だということはお分かりいただけましたよね?

 

ここからは、どれだけ引越し代金を安くできるのか!ということをこれから詳しく説明していきますね。

 

 

引越し 代金 一人 引越しの準備で一番大変なのが引っ越し業者選びです。
引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較引越しというとCMでよく耳にする大手の引っ越し業者を選んでしまいがちですが、それは大きな間違えです。

 

面倒と思うかもしれませんが、複数の業者をしっかりと比較することで、引っ越しの代金を驚くほど抑えられる場合があるのです。
例えば、A社では10万円だったのに、B社で6万5千円になるといったことは珍しくありません。

 

だからこそ、引越し前には複数の業者に見積もり依頼をすることが大切になります。
しかし、複数の業者に連絡しようとすると様々な落とし穴があります。

 

 

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較

業者に電話したらそのまま押し切られてしまった

最初は複数の業者から見積もりを取ろうと思っていたけど、「今決めてくれたら10万円のところ、8万円でやらせて頂きます!」といったように言われ、他社比較する余裕を与えてもらえなかった。

 

複数の業者に連絡しようと思ったけど面倒になってしまった

業者が違えば、当然必要な情報を改めて伝え直す必要があります。どこからどこに? いつ? 人数は? 荷物の量は・・・など。同じことを繰り返している内に面倒になり、結局、業者の言い値で妥協してしまうなんてことも。

 

驚くほど時間が取られる

見積もり依頼は1分2分で終わる話ではないので、連絡する業者が増えるほど、時間を浪費してしまいます。忙しいと、見積もりの電話に時間を取られている場合じゃない!となってしまい、大して比較しないで見積もりを決めてしまう、なんてことも。

 

 

引越しひとつでこういった手間や悩みは避けたいですよね。

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較そんなあなたにお勧めなのが引越し業者の一括見積もりサービスです。

 

一括見積もりサービスを使えば、パソコンやスマホから見積もり依頼が出来るだけではなく、必要な情報を入力すれば複数の業者に一度に見積もり依頼が出来ます。
つまり、手間も時間も掛けずに見積もり比較が出来てしまうということです。
かなり便利なサービスですが、完全に無料で使うことが出来ます

 

一括見積もりサービスは複数ありますが、それぞれ登録している業者が違います。
複数の一括見積もりサービスを使うことでより多くの引越し業者から見積もりを取ることが出来ます。

 

情報を改めて入力しないといけないのは少々手間ですが、このひと手間を掛けるだけで納得のいく引越しが出来るようになるので、最低でも2つのサービスを利用することをお勧めします。

 

とくにおすすめの一括見積もりサービスはここ↓↓

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較

 

200社以上の引っ越し業者が登録している大人気の一括見積もりサイト「引越し価格ガイド」は紹介件数1,165万件を突破

 

料金以外にサービス内容の比較もできるから、単身〜大家族の引っ越しまでどんなスタイルの引越しでも代金の比較が一目瞭然。引越し代金が半額になっちゃった!という人続出の一括見積もりサービスです。

 

最短1分で最大10社まで一括見積もりを依頼OK!

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較

 

引越し価格ガイドの代表的登録業者

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較

 

 

 

念のため複数の見積もりサービスを利用したい方はこちらも↓↓

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較

 

全国130社以上の引越し業者が登録している「HOMES引越し見積もり」。

 

独自の特典や割引を利用してさらに引越し代金が50%OFFになるサービスが大人気!
格安引越しならHOMES引越し見積もりがおすすめです。

 

 

最短45秒で厳選130社から一括見積もり依頼OK!

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較

 

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較

 

全国220社以上の引越し業者が登録している「スバット引越」は年間30万人が利用している日本最大級の引越し代金一括見積もりサービス。

 

無料の引越し代金相場シミュレーターで平均相場を把握できるから見積もり比較がしやすく、無料の「ズバット らくらく引越し手続き」を利用すれば面倒な住所変更の手続きを一括でできる、ズバッとならではの便利なサービスも人気の理由です。

 

最短1分で最大10社まで一括見積もり依頼OK!

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較

 

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較

 

全国65社以上の引越し業者が登録している「引越し達人セレクト」。
引越し代金が最大55%OFFになった人も多く利用者満足度も85%以上も納得の数字。

 

見積もり方法がネット簡単見積もりと訪問見積もりの2つの方法から選択できるので、急な引越にでととにかく早く正確な見積もりが欲しいという方には引越し達人セレクトがおすすめです。

 

最短3分で最大15社まで一括見積もり依頼OK!

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較

 

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較

 

登録後にかかってくる怒涛の営業電話が一切ないのがただで運ぶゾウ最大の特徴。
専用チャットを利用して気になる業者とだけやり取りをすればいいので、ムダな時間をかけず最安値の引越し業者を決められることができます。

 

さらに、申込時にキャッシュバックがついてくる生活必需品を同時申込することで引越し費用が最大無料になる、まさに格安引越しできちゃうのが「ただで運ぶゾウ」です。

 

最大10〜20社まで一括見積もりを依頼OK!

引っ越し代金は一人だとどれぐらい?単身パックの料金比較

引越し費用が安い時期について

引越し費用をできるだけ安く抑えたい場合、引越しする時期を考える必要があります。
もちろん賃貸住宅の解約日や転勤などで引越しする日が決まっているのであれば仕方ありませんが、特に「この日に引越ししなければならない」等でなければ、引越し日次第で費用を安くすることが可能となります。

 

それでは、具体的にいつだったら費用を安くできるのでしょうか。
まず一般的に引越しが安くなるのは「引越業者がヒマな時期」となります。
例えば、トラックが空いていたりスタッフが余っている等がヒマな時期となりますが、さすがに引越業者が「何月何日にヒマ」だということを知るのは不可能です。

 

しかし、引越業者がヒマな時期は確実にあります。
それは、6月、7月、11月、1月です。
6月は梅雨の時期のため引越しをする人が少なく、引越し業者にとってのシーズンオフとなっていますので、スケジュールや料金の融通が利きやすい時期となっています。

 

7月は、8月の夏休み中に引っ越す人が多く、逆に引越業者は空いていることが多いです。
11月は、12月の会社の異動前となり、1月はお正月で引越し自体をする人が少ないので、ねらい目の時期となっています。
このように、引越し費用が安い時期としては、引越しのハイシーズンを避けた前後の時期を選ぶと良いでしょう。

 

また、曜日については休日を避け平日に、そして、時間帯は引越し業者に任せてしまうのも費用を安くするコツです。
引越しには何かとお金がかかります。
少しでも費用を抑えるためにも業者選びや日程を工夫して、納得のいく引越しを行ってください。

 

たった3分で引越し料金が安くなる!引っ越し見積もり 単身 でも、ファミリーでも複数社の見積もり結果から比較できる。相場もわかって便利でお得!

引越しは賃貸住宅の退出日に余裕をもって安い時期に行うのがおすすめ

引越しは時期や日程、曜日によって高くも安くもなり、より費用を抑えようとすると引越しをする日を工夫しなければなりません。
また、賃貸住宅に住んでいる場合などは物件の退出日(解約日)ぎりぎりまで引越しを延ばしてしまう人も多いですが、退出日の日程によっても引越し料金が大幅に変わってしまうため考慮が必要となります。
一般的に引越しは春の就職、入学などのタイミングで行うことが多いため、この2月後半〜4月中旬までの期間は引越業者の繁忙期となり、料金も一番高い時期となります。

 

また他には8月の夏休み期間や12月の人事異動のタイミングも引越しのハイシーズンとなり、料金も比較的高い時期となっています。
引越し料金は、繁忙期を避けることが第一条件となることがお分かりいただけると思いますが、土日祝日も引越しする人が多いため料金は安くならないのが一般的ですので、引っ越す曜日に制限がなければ平日での引越しがおすすめです。

 

先ほどご説明した通り、賃貸物件の場合は退出日いっぱいまで住み続けてしまうと引越し料金が安くなるせっかくのタイミングを逃してしまうことがあります。
例えば、「契約が月末までになっているから月末まで住んで、引越しをしよう」とすると、月末は引越業者の繁忙期となるため料金は安くなりにくくなります。
引越料金を安くするには日程を工夫することが必要と述べましたが、避けるべき日程は「2月後半〜4月中旬など引越ハイシーズン」「土日祝日など一般的な休みの日」「月末」となります。

 

引越し料金が安い時期を選ぼう

引越し料金を安く抑えたい場合、引越しする時期を考えるなどの工夫が必要です。
それでは、引越し料金が安くなる時期とは一体いつになるのでしょうか?
一般的には引越し業者のヒマな時期、つまり「オフシーズン」に依頼することで引越し料金を安くすることができます。
引越しのハイシーズンは春であることはわかりきっています。

 

この2月後半から4月前半は就職や進学など1年のうちで一番引越しが増える時期となり、逆に言えば引越し業者は忙しいのでわざわざ引越し料金を安くすることはあまりありません。

 

また、9月と10月は転職シーズン、そして12月は人事異動の時期となり、この時期も引越し業者は忙しくなる傾向になります。
そのため料金を少しでも安くしたい場合は「引越しのハイシーズンを避ける」ことが第一条件となることがお分かりいただけると思います。
逆にハイシーズン後の4月後半から7月中旬の夏休み前の時期は引越しをするひとがガクンと減るため、この時期を狙って引越せばより安く引っ越せることができるのです。

 

次に引っ越しを安くするための日程ですが、月末は賃貸物件の契約等の期日となっていることが多く、月末は引っ越し件数も多くなります。
そのため、日程に関しては月初から中旬にかけての方が比較的安い料金になり、さらに土日などの休日を避けたスケジュールで引越しを行うとより費用を抑えることができます。

 

このように、引越しは「4月後半〜7月中旬」「月初〜中旬」「平日」で行うことでより安い料金となります。
引越し業者に依頼する場合は、この条件を意識すると良いでしょう。